住居侵入の解決事例

1、再犯防止に向けた取り組みを評価されて執行猶予となった事件

 

2、悪質な住居侵入事件が保護観察となった事件

 

3、住居侵入窃盗が不起訴となった事例

 

4、同一被害者への余罪多数の住居侵入窃盗が示談により不起訴となった事例

 

5、建造物侵入未遂で逮捕されたが、早期に釈放、最終的に不起訴となった事例

 

6、建造物侵入罪・青少年育成条例違反の自首事例

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。