暴行罪で逮捕勾留されたが、不起訴になった事例

罪名:傷害
最終処分:不起訴

解決までの期間:30日間

精神的に不安定で、入院歴のある被疑者

ご家族から、精神的に不安定で入院歴のある家族が、他人に暴力をふるって、逮捕勾留さっれたと相談を受けました。
事件当時も、かなり鬱の状態だったとのことです。
こういう場合は、被疑者の責任能力の問題が生じます。

簡易精神鑑定

検察官と話したところ、簡易精神鑑定を行うということでした。
しばらくして結果が出ましたが、責任能力は認められるだろうということです。
それを受けて、本件を不起訴にするための方策を検察官と協議しました。
そこで、被害者と示談でき、その後本人には入院して治療にあたってもらえるなら、不起訴としてもよいとの検察官の見解をいただきました。

被害者との交渉

被害者は、示談を行うことに消極的でした。
しかし、刑事処分が終わった後に、必ず入院させると約束することで、何とか示談が成立し、処罰を望まない旨も示談書に記載していただけました。

処分保留で釈放、その後不起訴へ

入院については、本人は必ずしも積極的ではないので、家族が説得を続けていきました。
勾留機関の満了時に、検察官にお願いし、とりあえず処分保留で釈放してもらいました。
その後、数日かけて何とか入院をしてもらい、その結果を検察官に報告し、最終的に不起訴処分としてもらえたのです。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。