住居侵入で逮捕されたら弁護士へ

住居侵入罪とは


無断で
他人の家や敷地内に入るという犯罪です。
もちろん、家に入ることが当然に許されているような場合には、個別の許可を得る必要はありません。

 

一方、違法な目的をもって家に入るような場合は、許可があるとは言えませんね。

 

つまり、住居侵入罪が問題となるのは、通常は違法な目的をもって家や敷地に入る場合となります。
現実に起こる住居侵入罪では、窃盗目的、わいせつ目的、盗撮目的での侵入がほとんどです。

 

住居侵入罪の発覚から逮捕まで

9割以上が、その場で住居侵入罪が発覚する場合となります。
いわゆる現行犯と呼ばれるものですね。
人がいると知らずに敷地の中に入ったところで、家の人に見つかり、通報されるといった場合です。
その他、お店の女子トイレに盗撮用のカメラを設置したことが、後から発覚して、防犯ビデオの画像などから後で逮捕されるようなケースも相当数あります。

 

住居侵入罪で示談、不起訴は可能?

住居侵入罪の問題点は、住居への侵入はあくまでも目的であり、その背後に窃盗、わいせつ、盗撮などの悪質な目的があるということです。
示談にあたっては、それらの犯罪についての真摯な反省・お詫びが必要となります。

 

また、被害者様としては、自分の家を犯人に知られてしまっているということで、非常に不安を感じています。
被害者宅からできるだけ遠くに引越すなどの方策を具体的に取ることで、住居侵入罪の示談はしやすくなります。
また、そのような示談ができれば、住居侵入罪と合わせて、窃盗、わいせつ、盗撮などの犯罪についても、不起訴処分とすることは可能です。

 

住居侵入罪は早期に弁護士へ依頼を

住居侵入罪で逮捕された際には、いち早く弁護士に依頼すべきです。
一般的に逮捕後に釈放することはかなり難しいのですが、住居侵入罪の場合は、逮捕後、適切かつ迅速に弁護士が活動すれば早期釈放を勝ち取る可能性が高いです。

 

逮捕後72時間以内に、長期の拘束を行うかどうかの判断がなされますから、それまでに、弁護士が本人からヒヤリング、意見書の作成、検察、裁判所への対応等を行わねばならず、とにかく迅速にご依頼いただくことが重要となります。
逮捕されていない事件であっても、早期にご依頼いただくことで、窃盗、わいせつ、盗撮などの事案と合わせて、謝罪文の準備などを丁寧に行うことができますし、取り調べも安心して臨んでいただけることになります。

 

当事務所の解決事例

1、再犯防止に向けた取り組みを評価されて執行猶予となった事件

 

2、悪質な住居侵入事件が保護観察となった事件

 

3、住居侵入窃盗が不起訴となった事例

 

4、同一被害者への余罪多数の住居侵入窃盗が示談により不起訴となった事例

 

5、建造物侵入未遂で逮捕されたが、早期に釈放、最終的に不起訴となった事例

 

6、建造物侵入罪・青少年育成条例違反の自首事例

 

弁護士費用について

初犯で、身柄を拘束されていない盗撮事件の場合、着手金 0円 報酬金 50万円
(カメラ設置するなど、特殊なケースの弁護士費用についてはご相談ください)
窃盗やわいせつ、その他の事件は、着手金 40万円 報酬金 50万円

 

圧倒的低価格で、示談・不起訴に向け徹底サポートさせていただきます。
→是非、他の事務所様と比べてみてください!

 

●報酬金は、不起訴の場合にのみ発生。罰金になった場合には発生しません。
→不起訴とならなかった場合・罰金を支払う場合、報酬金は頂きません!

 

●刑事事件における当事務所の弁護士費用は着手金・報酬金のみ(追加請求はございません。)
→追加で費用を請求することはありません!安心してご依頼ください。

 

 

接見 0円 示談交渉 0円
身柄解放活動 0円 日当 0円
交通費・印刷費 0円 消費税 0円
裁判 0円 着手金・報酬金以外は頂きません!

弁護士費用について、詳しくはこちら

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。