裁判員対象犯罪

裁判員裁判とは、国民から選出された裁判員が、刑事裁判に参加する制度です。
選ばれた裁判員は、刑事裁判の審理に出席し、裁判官とともに、被告人の有罪・無罪や量刑などを判断します。

原則として、裁判員6名と裁判官3人が、ひとつの事件を担当します。

裁判員裁判対象事件

裁判員裁判の対象となるのは、一定の重大な犯罪であり、

死刑又は無期の懲役若しくは禁錮に当たる罪に係る事件

②上記①を除き,故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪に係るもの

がこれに当たります。

例えば…

殺人罪、強盗致死傷罪、傷害致死罪、危険運転致死罪、現住建造物等放火罪、身の代金目的誘拐罪、保護責任者遺棄致死罪、覚せい剤取締法違反の罪などが挙げられます。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)