児童ポルノ

児童ポルノ事件の対象となる行為とは、児童(18歳未満)のわいせつな画像や動画を撮ったり、インターネット上にデータをアップし、ホームページやブログなどに掲載したり、また児童自身に写真を撮らせたり、送らせることです。児童ポルノ規制法では、わいせつな画像や動画を撮ったり、撮らせたりすると、3年以下の懲役または300万円以下の罰金に問われますし,インターネット上にアップするなどして不特定多数の者に提供すると、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に問われます。

児童ポルノは、インターネット上にアップされているものが警察に発見されることや、児童の携帯が親に見つかり、親が警察に通報することなどにより事件化します。

18歳未満であることを知らなかった場合には、児童ポルノ規制法の対象にはなりませんので、弁護士を通じてそのような主張することにより、不起訴処分となる場合があります。また、被害児童との示談ができたことで不起訴となることもあります。
また、示談ができなくとも、弁護士のアドバイスに基づき、生活環境を改善することや、性犯罪再犯防止のクリニックに通院したり、贖罪寄付をしたり、家族に監督を約束してもらったりして、反省と再犯防止の意欲を検察官・裁判官に伝えることで、不起訴処分になることもあります。こうした取組みをすれば、不起訴処分にならなくても、罰金刑や執行猶予付きの判決となる場合が多いです。
まだ逮捕されていなくても、「後悔している」「夜も眠れない」「逮捕されたらと考えると不安で不安でしかたない」という方は自首をするのもひとつの方法です。自首は自分ひとりで行っても警察が取りあってくれない場合もありますので、弁護士に同行してもらい自首することが確実でしょう。
当事務所では、それぞれの事案に即して、自首、示談交渉、早期の身柄の解放や勤務先への対応など必要な弁護活動を行います。まずは弁護士に相談してください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(https://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。