強盗について

IMG_6957.JPG   強盗は、拳銃や包丁などの凶器を突きつけるなど、被害者が反抗できないくらいの暴行、脅迫をして、他人のものを強奪する行為のことです。暴行、強迫が、被害者が反抗できないくらいと言えない場合は、窃盗罪恐喝罪となります。
 

強盗の罪

強盗罪の場合は、5年以上の有期懲役となります。恐喝罪の場合は、10年以下の懲役となり、恐喝罪のほうが強盗罪よりも軽い罪になります。
 

弁護活動

強盗罪で捕まった場合は、基本的に勾留されてしまいます。勾留された場合、少なくとも10日間は警察の留置所から出られない状態になってしまいます。この間、会社を無断欠勤することになり、解雇されてしまう可能性もでてきます。
 
ただし、強盗罪の容疑で逮捕されたとしても、弁護士を通じて、事件の関係者に事情を聞き、事件の真相を解明していくと、強盗罪よりも罪が軽い窃盗罪や暴行罪となる可能性もあります。
 
また、弁護士を通して、被害者との示談交渉を行い、示談が成立すれば、事案によっては不起訴となり、留置所を出られる可能性もあります。早期に釈放されれば、勤務先などに逮捕されたことを知られることなく、職場に復帰できるでしょう。
 
起訴されてしまった場合は、執行猶予付の判決となるように弁護します。強盗罪で執行猶予をつけてもらうには、被害者の方に示談書や嘆願書などのこちらに有利な証拠や家族の監督等反省と再犯防止の意欲を裁判所に伝え、反省の意思をしっかりと示していく必要があります。
 
当事務所では、それぞれの事案に即して、示談交渉、早期の身柄の解放や勤務先への対応など必要な弁護活動を行います。
 

強盗に関する質問

強盗の解決事例



強盗致傷の解決事例

①粘り強い示談交渉により不起訴処分となった事件


恐喝の解決事例

否認しながら被害弁償も行い不起訴となった事例

自分で示談交渉をしたら、恐喝とされた事件

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。