• HOME
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ

医師など資格保有者の方、公務員の方へ

IMG_7097.JPGのサムネール画像   「刑事事件の実刑を受け、国家資格を喪失してしまった」

 

国家資格には、刑事罰を理由として、その資格を喪失するといった欠格事由が定められている場合があります。

具体的な欠格事由や期間などは、保有する国家資格によって異なります。また、欠格事由にも、その事由に該当すると直ちに欠格となる絶対的欠格事由と、該当しても、場合によって資格が認められる相対的欠格事由があり、区別する必要があります。

また、公務員はそれ自体資格ではありませんが、国家公務員、地方公務員共に、欠格条項が定められています

刑事罰に関していえば、禁固以上の刑に処せられた場合、仮に執行猶予がついたとしても、絶対的欠格事由に該当しますので、直ちに失職してしまいます(地方公務員法16条、国家公務員法38条)。

 

欠格、失職を防ぐためにも早期に弁護士に依頼し、できる限り、刑事処分を軽いものとすることが必要です。

 

こちらの記事に関連するページはこちら

会社をクビにされたくない、職場・学校に知られたくない

テレビや新聞などに報道されたくない

医師などの資格保有者の方、公務員の方へ

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。